Nurse Podが看護師さんの転職を応援します

menu

【看護師転職支援サイト】失敗しないための上手な転職の仕方とは!?

看護師転職必要書類

看護師が転職する際に必要な書類をご紹介します。

条件の良い求人が見つかったとしても、必要な書類が揃っていないと大変なことになってしまいます。
せっかくのチャンスを見逃してしまうのはもったいないですよね。

転職するのを決意した時点で必要な書類はしっかりと揃えておきましょう。
 

履歴書

まずは言わずと知れた履歴書です。
看護師に限らずにどの仕事でも転職するときには必須です。

履歴書はコンビニや書店で購入することができます。
それぞれの履歴書で若干の違いはありますが、市販されている履歴書であればどの様式でも問題ありません。

パソコンからダウンロードして活用することもできます。
 

各免許証(看護師免許、助産師免許、保健師免許)

看護師として仕事をするのであれば必ず必要になるのが看護師免許などの各免許証です。
本当に看護師の資格を取得しているのかどうかを証明する大事なものです。

転職する際には看護師免許の原本かコピーを提示する必要があります。
免許の期限が迫っているときは、管轄の保健所で早めの更新手続きを済ませておきましょう。

看護師免許は手続きを終えてから発行されるまでに約3ヶ月ほどかかります。
万が一更新が間に合わないという場合は、その旨を病院側に伝えておきましょう。
更新が完了次第、追って免許証を提示するようにします。
 

その他にも揃えておきたい書類

上記の2点は必ず必要となるものですが、病院や施設によってはこの他にも提出を求められる場合があります。

職務履歴書

主に美容外科や企業の病院などで求められるケースが多いです。
職務履歴書も履歴書と同様にコンビニや書店で市販されています。
パソコンからのダウンロードも可能です。

成績証明書

成績証明書は主に国立病院や大手の病院グループなどで求められるケースが多いです。
卒業した看護学校に問い合わせて取り寄せることができます。
早めに用意しておくのがいいですね。

健康診断結果

病院によっては健康診断の結果を求められる場合もあります。
この場合は1年以内に受けた健康診断の結果を提出します。

源泉徴収票

現在退職しているという場合は、以前勤めていた病院にお願いして発行してもらいます。
現職中の方は発行してもらわなくても大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気の看護師転職サイトBEST5

楽しさ追求バラエティ