Nurse Podが看護師さんの転職を応援します

menu

【看護師転職支援サイト】失敗しないための上手な転職の仕方とは!?

看護師の転職における面接を成功させるための大事なコツ

看護師面接

看護師の転職は面接による採用率がとても高いものです。

看護師は患者と接する機会がもっとも多く人柄が重視される職業です。
そのため事務職や営業職などと比べて面接での印象がとても重要視されているんですね。

面接の本番当日までに履歴書をしっかり書いて必要書類を揃えておくのは最低限必要なことです。

でもそれだけではまだまだ不十分なんですよね。
転職を成功させるために最も大事な面接の準備をしっかりしておくことが重要なんです。
無計画のままで本番を迎えると、気が動転してしまって大失態をさらしてしまうことにもなりかねません。

面接での失敗例というのはたくさん挙げられています。
面接本番でも普段通りに落ち着いていられるように、事前にしっかりと準備を整えておきましょう。
 
看護師面接

面接の本番までに準備しておくこと

1.質問への回答を揃えておく

面接では面接官からいろいろ質問を受けて、それに対して答えていくケースがほとんどです。

面接官が最も重要視している点は、どれだけ自分の意見をハッキリ話せるかというところです。
緊張してしまって思うように話すことができなかったと後悔する看護師はたくさんいます。

そんな失敗をしないためにも、あらかじめ想定しておいた質問に対する答えを用意しておきましょう。
ハッキリ話している自分を何度も繰り返し想像しながらイメージトレーニングをしておくのも効果的です。
 

2.面接官への質問を用意しておく

面接官からの質問が終わると、次は逆に面接官から質問を受けます。

「何か質問はありませんか?」などと聞かれる場合があります。
この時は入職に対しての自分の意欲を示すチャンスです。
スムーズに伝えられるように、あらかじめ質問事項を用意しておきましょう。

~質問事項の例~
  • どのような業務を行っているのか?
  • 何人体制でやっているのか?
  • 入職までにしておくことはあるか?
  • 何か勉強しておくべきことはあるか?

 

3.面接当日の服装と身だしなみ

看護師はいつも清潔であることが大事です。
職場の印象を大きく左右する要素でもあるので、できるだけ清潔な印象を与えることが重要です。

どんなに優れたキャリアを持つ看護師でも、清潔感を損なう要素があれば大きなマイナスポイントになってしまいます。
夜勤明けでの面接であったとしても、すっぴんやボサボサ髪のままで面接に挑むのはNGです。

~服装や身だしなみのチェック項目~
  • 黒か紺色のスーツなどフォーマルな服装を着用する
  • サンダルなどは避けてパンプスなどを履く
  • 髪が長い場合はひとつに束ねておく
  • 爪を短く切ってマニュキュアなどは落としておく
  • オシャレ目的でのアクセサリーは全て外しておく
  • メイクは厚化粧にならずにナチュラルメイクを心がける

 

4.面接での心構え

面接はその病院やクリニックなどの施設の玄関を入った時点ですでにスタートしています。
院内のスタッフさんや患者さんなどとすれ違ったときには明るく笑顔で挨拶を交わしましょう。

看護師は清潔感のほかにマナーや行動も重視される職業です。
面接が終了したからといって、その施設を出るまで気を抜いてはいけません。

施設内での喫煙は当たり前ですが、ついついやってしまいがちな携帯電話の操作などもNGです。
面接でお邪魔しているという事を忘れずに気を引き締めて行動しましょう。
 
これらの事を事前にしっかりと準備しておくことで面接当日でも慌てることなく良い印象を与えることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気の看護師転職サイトBEST5

楽しさ追求バラエティ