Nurse Podが看護師さんの転職を応援します

menu

【看護師転職支援サイト】失敗しないための上手な転職の仕方とは!?

面接でよく聞かれる質問事項と上手な答え方

看護師面接

看護師の転職において、面接というのは合否を左右するとても大事なものです。
いきなり面接の本番の望んでしまうと大失態を起こしてしまうことにもなりかねません。

本番を迎える前にある程度のシュミレーションをしてイメージトレーニングをしておくことが大事です。

面接でよく聞かれる質問事項

  • 転職の理由
  • どうしてこの病院を選んだのか
  • どうして前の病院を退職したのか
  • この病院で何をしたいのか
  • 希望の配属先とその理由
  • どうして看護師になったのか
  • 看護師としてのこれまでの経験
  • 看護師として大切なことはなにか
  • 今後は看護師としてどうありたいか
  • これまでの成功談や失敗談
  • 長所と短所
  • 病院側に対する質問はあるか

これらの質問に対する自分なりの回答を予め用意しておきましょう。
本番でも慌てずに対応できるようにしっかりとイメージトレーニングをしておきましょう。

看護師転職面接

面接での上手な対応の仕方

経歴・職歴について

病院側が採用するにあたって、これまでの経歴や職歴とういのは一番重要視する項目となります。
これまでどんな病院で働いて、どんな業務をして、その結果どんなスキルを身につけたのか。
これまでの自分の経歴と職歴を理路整然とシンプルに答えましょう。

多くを語りすぎたり、つい自慢げになってしまうのはNGです。
ここだけは絶対にアピールしておきたいというキーワードをいくつか用意しておくと話しの流れを作りやすくなります。
 

退職理由について

退職の理由についてはシンプルに答えるのが一番ですね。

看護師の転職理由で最も多いのが人間関係でのトラブルです。
しかし、人間関係のトラブルや病歴などのネガティブな理由や当時の辛かった状況を深刻に語るのはNGです。

できるだけマイナスイメージを与えないようにポイントだけを簡潔明瞭に答えましょう。
 

何をしたいのかについて

どうしてもその病院に入職したいからといって、「絶対に入りたいんです」など執着しすぎるのはNGです。
柔軟性の欠如とみなされてマイナスポイントになってしまいます。

配属先の希望を考慮しない病院などもあるし、固執することによって自分の可能性まで狭めてしまうことになります。
自分の希望条件を伝えつつ、妥協点を見つけておくことも大事です。
 

人柄について

人柄というのは面接の結果を大きく左右するものです。
履歴書に記載されている内容と実際の姿があまりに矛盾しているとおかしいですよね。
履歴書では明るく元気な性格と書いてあるのに、実際には物静かな態度ではギャップがあります。

もしも自分の性格が明るさが売りの場合には、面接で多少緊張していたとしても
挨拶や受け答えは元気にハキハキ対応するようにしましょう。
自分の強みをアピールすることは重要です。
 

育児や介護について

小さい子供や介護を必要とする親が同居している場合は注意が必要です。
このような場合、病院側は家庭と仕事の両立は可能なのか深く掘り下げて質問してきます。

  • 子供の体調が悪いときは親に世話を頼む
  • 主人が退職しているので介護には協力してくれる

このように自分の家庭の事情で病院側に迷惑をかけないことをしっかりとアピールしておくことが大事です。
とくに院内託児がない場合などは、保育園をこれから探すなどの言い方は不安を助長するのでNGです。
 

このように、面接の本番で何を聞かれても動揺しないように、前もって受け答えの練習をしておくのが成功の秘訣です。
これをやっておくことによって、本番でも慌てることなく上手に対応することができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気の看護師転職サイトBEST5

楽しさ追求バラエティ