Nurse Podが看護師さんの転職を応援します

menu

【看護師転職支援サイト】失敗しないための上手な転職の仕方とは!?

転職の際の効果的な自己PRの書き方

キャリアの女性

履歴書や自己PRというのは、転職の際の必須項目となります。
しかし、実際には不慣れで不得意という人がほとんどですよね。
せっかく自分が得意とする分野があるのに、それをうまく相手に伝えることができないのはもったいないことです。
面接に臨む前に、しっかりと書類作成をしておくことが大事です。

効果的な自己PRの書き方として最も重要になってくるのは、職務経歴書を詳細に作成することです。
履歴書での自己PRからさらに一歩踏み込んで魅力を伝えるために、実際には何ができてどんなことをしてきたのかを詳細に伝える必要があります。
これまでの経験が豊富でない方の場合は必要ありません。
しかし、アピールできるポイントが多い方の場合は、職務履歴書は大きな武器となってくれます。
 

業務を細分化する

職務経歴を履歴書に盛り込むには限界があります。
全ての職務経歴を詰め込むのは不可能ですよね。

自分はこれまで何をしてきたのかを詳細に書き出すことで、自らのキャリアを振り返ることが可能になります。
まずはこれまで経験してきたことを箇条書きにして書き出してください。
業務の内容を1つずつ洗い出していきましょう。

多くの方が、業務をひとくくりにしてしまうために正確なアピールができなくなっているパターンが多いです。
「患者さんの看護」というだけでは伝わらない業務を細分化していくことが大事です。

全ての業務を箇条書きに書き出すことができたら、改めてその業務をグループにまとめていきます。
それぞれの業務にタイトルを付けて、その下に業務を記載していきましょう。
研究や実績については別にタイトルを付けて、内容や発表した場所を詳細に記載していきます。
 

専門分野への転職

自分の専門分野を作ったほうが転職に有利になると思っている看護師さんは多いですね。
でも実際には専門分野というのはそれほど転職に直接的には関係しません。
それよりも、今後はどのような分野で看護を行っていきたいのかという、未来に向けたプランの中での転職であるほうが重要です。

また、認定看護師や専門看護師を希望する場合には、希望する分野での勤務経験年数が問われることになります。
認定看護師を取得したいというプランがあるのに、転職によって分野から離れてしまっては意味がありませんよね。
専門性に関しては、自分がどの分野でどのような看護を継続していきたいのかを考えてから決定するのが望ましいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気の看護師転職サイトBEST5

楽しさ追求バラエティ