Nurse Podが看護師さんの転職を応援します

menu

【看護師転職支援サイト】失敗しないための上手な転職の仕方とは!?

チーム医療における看護師の役割

看護師の役割

看護師の仕事内容は幅広く、仕事をするうえで連携する人はたくさんいます。

医療機関では医療従事者が各自の専門性を活かして医療を行います。
効率よく仕事をこなすには、それぞれが連携して行うチーム医療が重要といわれています。
そのなかで、看護師は医師や医療従事者との情報交換など業務をスムーズに行っていくための連携が欠かせません。

たとえば入院治療においては、治療方針を決定するのは医師であり、それを実行するのは看護師です。
しかし、看護師が医師の指示に基いて行う医療行為は、日本看護協会が定義した看護業務基準の看護実践の内容のひとつに過ぎません。

医師は問診や検査結果などから治療方針を定めて、薬などの治療内容を確定していきます。
その後、看護師が点滴など医師の治療方針に沿って行います。

医師は患者と接する時間が短いので、看護師が患者の変化を捉えながら状態を医師へ報告します。
医師は患者の状態を看護師からの方向や診察などによって把握して、治療の継続や方針の変更などを行います。
この治療過程において、看護師は医療従事者の中では患者に最も多く接して、患者の早期治癒を目指して社会復帰のための援助を行うことになります。
 

治癒過程における看護師の役割

患者が受ける治療のなかでは、看護師は全ての場面に登場してきます。
患者が医療期間を訪れたときに、まずは受付用紙に記入します。
簡単な症状を記入する欄があり、この際に看護師が患者に尋ねながら記入するケースも多く見られます。

診察時には患者の身支度の手伝いをしたり、検査室やレントゲン室に誘導したりします。
また、採血や内視鏡検査などの介助も行います。
治療においては、点滴や注射、投薬、リハビリなども行います。

このように、看護師は患者が治療行為をスムーズに受けるための重要な立場にあるんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気の看護師転職サイトBEST5

楽しさ追求バラエティ