Nurse Podが看護師さんの転職を応援します

menu

【看護師転職支援サイト】失敗しないための上手な転職の仕方とは!?

看護計画の立て方

看護計画

看護計画というのは、看護を必要としている患者の問題を解決するために個別のケア計画を記載したものです。

患者が入院してくると、看護師がバイタルサインで熱や脈拍、血圧などを測ります。
症状やそれまでの経過、既往歴、普段の生活、家族についてなど、様々なことを質問します。
看護師はこれらの情報をもとにして、その患者が素早く回復できるような援助や配慮について判断をします。

この個別情報は、援助にあたる看護師たちが共有して、統一した看護ができるように計画されて看護に活かされます。
 

看護計画の手順

患者の情報をもとにして、まずは看護師は援助すべきことを検討していきます。
このときに必要となる援助を漏れなくリストアップできるように注意します。

漏れを防止するには、具体的には情報を得る際にリストを使って患者に質問していくようにします。
このリストは通常は病院などで決められた様式のものを使用します。

この様式は、様々な看護理論化や研究者が開発した理論に基いて作成されることが多いです。
そのため、どの理論を採用するのかによってそれぞれの病院ごとに項目の表現が多少異なります。
しかし、基本的な情報は全て網羅されています。

次に、援助すべき問題点は何かを検討していきます。
一見、表面的な問題のように思えても、それを突き詰めていくと深い原因が眠っていたりすることがあります。
それとは逆に、問題がたくさんあるように思えても、実は原因はひとつだけという場合もあります。
こうして問題点を整理しながら、解決する優先順位を決めていきます。

優先順位は、生命の危険に関わるものほど高くなります。
 

具体的な解決策を決める

優先順位を決めたら、具体策を計画していきます。
また、解決の時期と解決したときの状況となる目標を立てます。
そして、目標を達成するために必要となる対策を決定していきます。

対策の内容は、観察する内容、看護師が実施する内容、患者に教育する内容、という3つに大きく分類されます。
これらをもとに看護を行って、目標の時期が来たら当初の問題点がしっかり解決されているか、計画の見直しは必要ないかを評価して、これに基いて新たな計画を立てていきます。

一般的に、患者に対しては複数の看護師が交代で看護に当たります。
看護計画を立てておけば看護方針が統一されて、矛盾のないケアが実行されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気の看護師転職サイトBEST5

楽しさ追求バラエティ