Nurse Podが看護師さんの転職を応援します

menu

【看護師転職支援サイト】失敗しないための上手な転職の仕方とは!?

フローシートによる看護記録

フローシート

フローシートというのは、時間を追って客観的に観察した内容を記録する必要がある場合に用いる看護記録です。

フローシートは、看護を必要とする人のもつ、特定あるいはいくつかの問題に関連した項目を経時的に観察するために用いられた経過一覧表のことです。
これは簡易型経過記録ともいわれ、日付、時間、実施したケアを記録する縦と横の欄で構成されています。

この記録方式は、ケアを行ったり、状態の変化を観察したときに、簡潔に記録することができて、データの比較検討や経過の評価が容易にできるというメリットがあります。

 

フローシートが用いられる場面

毎日観察される患者の体温、脈拍、血圧、血液検査の結果、便通や排尿回数、実施された点滴や注射の種類、検査の内容などを毎週もしくは毎月ごとの表にして1枚記録したシートがあります。
これは温度板と呼ばれるもので、フローシートの代表的なものです。

温度板は一目瞭然で、患者の経過が分かりやすく記載されているので、看護師や医師の重要な情報源となっています。
大学院の教授回診などで治療方針のアドバイスを受ける場合に、短い時間で患者の状態が把握できる温度板が威力を発揮します。

現在では、電子カルテの普及によって、これらの内容はコンピュータにより記録するケースも増えています。

ICUなど重症患者が入院している病院では、状態変化の激しい患者がたくさんいます。
このような場合、時間を追ったフローシートがとても便利で役に立ちます。

また、副作用が強い治療をする場合にも、体温、脈拍、血圧、尿量、点滴の量や副作用の有無などをいち早く把握する必要があるので、この場合にもフローシートがとても役立ちます。

温度板の豆知識としては、一般に体温は青、脈拍は赤と色分けして塗ってあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気の看護師転職サイトBEST5

楽しさ追求バラエティ