Nurse Podが看護師さんの転職を応援します

menu

【看護師転職支援サイト】失敗しないための上手な転職の仕方とは!?

チームナーシングによる看護提供方式

チームナーシング

チームナーシングは看護提供方式の一つです。
一つの病棟で二つ以上のチームを作って、そのチームを一定期間固定します。
そして、チームは一定の患者を受け持ちます。
チームにはリーダーを作って、メンバーはリーダーの責任のもとで、24時間体制で継続して看護が提供されるように動きます。
 

チームナーシングの特徴

チームリーダーは患者の看護に最大の責任を持って、方針を立てたり、チーム内のメンバーに指示を与えたり、担当医師に患者の状況を報告したりします。
医師からのアドバイスがあれば、その治療方針についてチームメンバーに伝えて指示します。

チームメンバーは、リーダーの指示を受けて、実際の看護を患者に提供する役割を担います。
チームメンバーは、患者に看護を行っていくなかで、患者の状態や変化についてリーダーに報告をして、場合によっては指示を受けて行動に移します。

チームナーシングでは、チームに所属している看護師全体で患者全員に対して責任をもって看護にあたります。

チームの構成員を決定する場合には、判断力のある看護師をリーダーとして選任して、メンバーはベテラン看護師、新米看護師などのバランスを検討して決めていきます。
たとえば二つのチームがある場合は、その2チームの看護提供力に差が生じないように、構成員を検討していきます。

チームナーシングの中に固定チームナーシングという方式があります。
これは、通常のチームナーシングよりも人数が限られた患者、限られたチーム員で構成されるものです。
固定チームナーシングでは、通常のチームナーシングよりも看護の責任が明確になるといわれています。
 

チームナーシングの上手な活用

チームナーシングは、アメリカで開発された方式です。
開発の背景としては、看護補助者、新米看護師、ベテラン看護師など、能力に差がある人材でいかに一定水準の看護を提供するかという考えから生まれた方式です。

チームナーシングでは、チームリーダーの責任が大きく、また、看護の責任は、多数のチームメンバーにあるために、責任の所在が不明確になりやすいということも指摘されています。
チームナーシングにおける協働には次のことが欠かせません。

  • チーム責任者に情報を集中させることを徹底する
  • 責任者は情報把握に努めて、より効果的な仕事の割り振りを行う
  • メンバーは、割り当てられた仕事と、その結果の報告を確実に行う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気の看護師転職サイトBEST5

楽しさ追求バラエティ