Nurse Podが看護師さんの転職を応援します

menu

【看護師転職支援サイト】失敗しないための上手な転職の仕方とは!?

プライマリナーシングによる看護提供方式

プライマリナーシング

プライマリナーシングは、看護提供方式のひとつです。
この看護提供方式は、1人の看護師が患者の入院から退院までを一貫して担当して、担当患者のすべての看護に責任を持つという看護ケア提供システムです。
この看護師をプライマリナースといいます。

プライマリナースは、その患者のケアに責任をもって看護を行いますが、看護は24時間行われるので、看護師は交代で看護にあたることになります。
そのため、プライマリナースが不在になるときもあります。
このときは、プライマリナースが立案した計画に基いて、別の看護師が看護にあたります。
このときの別の看護師はアソシエートナースと言います。

つまり、1人の看護師は数人の患者に対してはプライマリナースとして、それ以外の患者に対してはアソシエートナースとして関わることになります。
 

プライマリナーシングの特徴

プライマリナーシングでは、看護に対する責任が明確になるうえ、看護の継続性も保証されるので、患者への看護が効果的に実践できるといわれています。
一方で、プライマリナースの能力によって、患者に提供する看護内容に差が生じる場合もあることが指摘されています。
たとえば、プライマリナースが新米かベテランか、器用か不器用かといったところで看護内容に差が生じる可能性があるんですね。

プライマリナーシングはアメリカで開発されて日本に導入された看護提供方式です。
プライマリナーシングは、看護師不足が深刻な問題となった社会背景をもとにして、看護師がやりがいを持って看護を提供することができるように考案された方式です。

看護師が1人の患者の入院から退院までを継続して担当すると、提供する看護を深めることができます。
患者との信頼関係も深まるため、看護師のやりがいにつながります。
やりがいは能力アップにも影響します。

しかし、プライマリナーシングは、チームナーシングや機能別看護方式に比べて看護師の人数がたくさん必要となり、ある程度の人数を確保しておかないとなかなか実現できるものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気の看護師転職サイトBEST5

楽しさ追求バラエティ