Nurse Podが看護師さんの転職を応援します

menu

【看護師転職支援サイト】失敗しないための上手な転職の仕方とは!?

看護師の教育制度

看護師の教育制度

看護師になりたいと思った場合に、看護師の資格をとる必要があります。
看護師の資格は国家試験に合格することで得られます。
国家試験を受けるには決められた教育施設で所定の年数の教育を受けて卒業する必要があります。

つまり、専門教育を受けていない人は、看護資格を取得する前に学校へ入り国家試験に合格するという2つをクリアしなければいけません。

教育制度は少し複雑ですが、はじめに選んだ学校によって将来進むコースがある程度決められてくるので、入学に関しては十分慎重に取り組んでください。

看護職養成学校としては、入学対象者と取得可能な免許の種類から3つのコースが用意されています。
 

レギュラーコース

高等学校卒業者を対象として、看護師を養成する課程です。
卒業することで看護師国家試験の受験資格を得ることができます。
このコースには、大学や短期大学、専門学校があります。
レギュラーコースの就業年限は原則として3年間ですが、定時制と大学の場合は4年間の教育を受けることになります。
 

准看護学校

中学校卒業者を対象に、准看護師を養成する2年課程の学校です。
卒業して都道府県知事が行う試験に合格すれば、准看護師免許を取得することができます。
中卒者だけではなくて、現実には高校を卒業した人が多く受験して入学しています。
この他にも、中学校から高校の衛生看護科に進むコースもあります。
3年課程で、定時制は4年間となっています。
准看護師の免許を得た人が看護師になるには、さらに進学コースとよばれる養成課程へと進むことになります。
 

進学コース

准看護師免許を持つ人が看護師になるための課程です。
高卒の人はすぐに受験することができますが、中卒の場合は准看護師として3年以上の実務経験が必要となります。
進学コースには短期大学と専門学校、高等学校専攻科があって、就業年限は2年間となっています。
定時制の場合は3年間です。
10年以上の実務経験者は通信教育課程でも学ぶことができます。
卒業すればやっと看護師国家試験に臨むことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気の看護師転職サイトBEST5

楽しさ追求バラエティ